決算申告、経営計画・資金計画、税務調査、経理・給与計算|確定申告、相続税、贈与税、譲渡所得税のことなら、東京都江戸川区南小岩の鈴木税務会計事務所へご相談ください。
税務情報
  • HOME »
  • 税務情報 »
  • 年別アーカイブ: 2014年

年別アーカイブ: 2014年

ふるさと納税

ふるさと納税の概要  都道府県・市区町村に対する寄附金のうち、2,000円を超える部分について、一定限度額まで、原則として所得税と合わせて全額が控除されます。  なお、所得税・住民税から寄附金控除の適用を受けるためには、 …

少人数私募債

従前の取り扱い 同族会社が発行した社債の利子をオーナーが受け取った場合には、所得税15%+住民税5%の源泉分離課税で課税関係が完結します。そのため、総合課税の所得税率が20%を超えていれば、同族会社から役員報酬のみを受け …

扶養義務者(父母や祖父母)から「生活費」又は「教育費」 の贈与を受けた場合の贈与税に関するQ&A

Q1 扶養義務者(父母や祖父母)から生活費又は教育費の贈与を受けましたが、贈与税の課税対象となりますか。 「扶養義務者」相互間において「生活費」又は「教育費」に充てるために贈与を受けた財産のうち「通常必要と認められるもの …

小規模宅地等の特例対象面積の拡大

概要 ①被相続人等の自宅の敷地が80%減額される特定居住用宅地等について、限度面積が240平米から330平米まで拡大されます。 ②特例の対象と して選択する宅地等の全てが特定事業用等宅地等及び特定居住用宅地等である場合に …

特定居住用宅地等の適用要件の改正

概要 ①一棟の二世帯住宅について、構造上区分のあるものについては、従来では、特例の適用対象となりませんでした。これを、被相続人及びその親族が各独立部分に居住していた場合には、その親族が相続又は遺贈により取得したその敷地の …

地方法人税の創設 平成26年度税制改正

概要  平成26年度税制改正により、地方法人税が創設されることになりました。地域間(地方自治体間)の税源の偏在性を是正し、財政力格差の縮小を図ることを目的としたものです。  具体的には、地方税である法人住民税の法人税割の …

ゴルフ会員権の譲渡所得

概要 平成26年4月1日以後に行ったゴルフ会員権の譲渡により生じた損失は、原則として、給与所得など他の所得と損益通算することはできません。 平成26年3月31日までに行ったゴルフ会員権の譲渡により生じた損失は、給与所得な …

建設工事請負契約書の印紙税の軽減措置

軽減措置の概要 軽減措置の対象となる契約書は、請負に関する契約書(建設工事の請負に係る契約に基づき作成されるものに限られます。)のうち、記載金額が100万円を超えるもので、平成26年4月1日から平成30年3月31日までの …

生産性向上設備投資促進税制

制度の概要 ○ 指定期間内に取得・供用した場合の 50%(又は 25%)特別償却 青色申告書を提出する法人が、産業競争力強化法の施行の日(平成 26 年1月 20 日)から平成 29年3月 31 日までの期間(以下「指定 …

生産等設備投資促進税制

制度の概要 H25税制改正創設の「生産等設備投資促進税制」は、生産等資産への投資額を一定以上増加させた場合、新たに取得等した機械及び装置の取得価額の一定割合を特別償却又は税額控除ができる制度です。 対象は機械及び装置に限 …

Page 1 / 3123
  • メールでお問い合わせはこちら

税務情報

PAGETOP
Copyright © 鈴木税務会計事務所 All Rights Reserved.