決算申告、経営計画・資金計画、税務調査、経理・給与計算|確定申告、相続税、贈与税、譲渡所得税のことなら、東京都江戸川区南小岩の鈴木税務会計事務所へご相談ください。
税務情報
  • HOME »
  • 税務情報 »
  • 消費税

消費税

《コラム》軽減税率対策補助金と税制特例の適用の仕方

◆軽減税率対策補助金 消費税率が10%になるに伴い導入される軽減税率制度(複数税率)への対応が必要となる中小企業・小規模事業者等を対象に、複数税率対応レジの導入や、受発注システムの改修等を行う際(リースによる導入も補助対 …

(後編)2017事務年度における輸入品関税等の犯則事件の調査結果を公表!

(前編からのつづき) 金地金の総重量は約4トンに相当し、課税価格の総額は約186億円にのぼり、金地金の密輸事件以外の主な処分事例として、タオル等の繊維製品や隠元豆等の豆類等の低価申告による関税等脱税事件がありました。 金 …

(前編)2017事務年度における輸入品関税等の犯則事件の調査結果を公表!

財務省は、2017事務年度(2018年6月までの1年間)において、全国の税関が行った輸入品に対する関税及び内国消費税に係る犯則事件の調査結果を公表しました。 それによりますと、同事務年度に犯則調査に着手した件数は1,45 …

(後編)2018年分の確定消費税額が48万円超は中間申告が必要!

(前編からのつづき) また、確定消費税額が「400万円超4,800万円以下」の場合は年3回、2018年分の確定消費税額の12分の3の消費税額とその63分の17の地方消費税額を中間申告して納付します。 2018年と経営状況 …

(前編)2018年分の確定消費税額が48万円超は中間申告が必要!

個人事業者で、2018年分の確定消費税額(地方消費税額は含まない)が48万円を超える場合は、消費税及び地方消費税の中間申告と納付が必要となります。 2018年分の確定消費税額とは、2018年分の確定申告により確定した消費 …

(後編)日本商工会議所:消費税の軽減税率対策の小冊子を作成、無料配布へ

(前編からのつづき) 例えば、軽減税率(8%)の対象品目について、まぎらわしい例として「類似品があるもの」を挙げており、特定保健用食品やエナジードリンク等の清涼飲料水は8%ですが、市販の薬やドリンク剤などの医薬品・医薬部 …

(前編)日本商工会議所:消費税の軽減税率対策の小冊子を作成、無料配布へ

日本商工会議所は、「今すぐ始める軽減税率対策(小売/卸売向け・飲食店向け)」を作成し、今後、各地商工会議所を通じて、全国の中小企業・小規模事業者へ無料配布する予定としております。 この小冊子は、消費税軽減税率対策窓口相談 …

《コラム》10%?それとも8%?軽減税率制度の微妙な判定

◆これは消費税が8%の飲食料品? 2019年10月より、消費税及び地方消費税が8%から10%に上がりますが、「飲食料品・新聞は据え置きの8%」となります。ただし、酒類は10%・外食に該当するものは10%等、中には軽減税率 …

《コラム》消費税改正に向けた次世代住宅ポイント制度とは?

◆消費税率引上げに対しての政策 消費税率の引上げが行われると、引上げ前の駆け込み需要の後、需要は大きく低下します。この需要変動に対して、特に「内需の柱」と位置付けられている住宅関連投資の反動減を少しでも軽減させようと、消 …

(後編)金の密輸入に対し消費税の仕入税額控除制度を見直し!

(前編からのつづき) 消費税率が8%に引き上げられた2014年から、摘発件数、押収量ともに急増しており、輸入時には税関で消費税が課税されますが、密輸して消費税を免れて、国内で売りますと消費税分が儲けとなるため、消費税率が …

Page 1 / 912»
  • メールでお問い合わせはこちら

税務情報

PAGETOP
Copyright © 鈴木税務会計事務所 All Rights Reserved.