決算申告、経営計画・資金計画、税務調査、経理・給与計算|確定申告、相続税、贈与税、譲渡所得税のことなら、東京都江戸川区南小岩の鈴木税務会計事務所へご相談ください。
税務情報
  • HOME »
  • 税務情報 »
  • 消費税

消費税

(後編)金の密輸入に対し消費税の仕入税額控除制度を見直し!

(前編からのつづき) 消費税率が8%に引き上げられた2014年から、摘発件数、押収量ともに急増しており、輸入時には税関で消費税が課税されますが、密輸して消費税を免れて、国内で売りますと消費税分が儲けとなるため、消費税率が …

(前編)金の密輸入に対し消費税の仕入税額控除制度を見直し!

2019年10月には消費税率10%への引上げが予定されており、金の密輸入のさらなる増加が想定されることから、2019年度税制改正において、消費税における仕入税額控除制度の見直しを行います。 具体的には、①密輸品と知りなが …

《コラム》消費税改正に向けたすまい給付金のおさらい

◆すまい給付金とは? 増税後の税率が適用される住宅ローン控除対象の住宅取得について、増税負担を軽減してくれる現金給付が受けられる制度がすまい給付金です。8%への増税があった2014年4月からスタートし、10%への増税もあ …

消費増税で郵便代値上げ

総務省は10月1日の消費増税に合わせ、手紙(25グラム以下の定形郵便物)の郵便料金を現行の82円から84円に、はがきの郵便料金を62円から63円に値上げする方針を固めました。値上げは手紙が5年半ぶり、はがきが2年4カ月ぶ …

《コラム》相続承継の場合の消費税納税義務判定

◆常識的な解釈 平成24年7月掲載と記されている東京地方税理士会ホームページ(会員専用ページ)を見ると、基準期間の課税売上高が1千万円超の被相続人が死亡したが、相続人は誰も課税事業者ではなく、相続開始の年の年末では未分割 …

《コラム》消費税改正に向けた住宅ローン控除周辺の改正

◆住宅ローン控除は平準化を目指し改正 消費税率の引上げに際し、需要変動の平準化の観点から、住宅ローン控除についての改正が行われます。 2019年10月から20年12月までに入居する住宅で、消費税が10%となる住宅について …

金密輸、過去最悪に次ぐ1千件

消費税の税率引き上げを前に、消費税を利用した闇ビジネスが横行しています。そのスキームは、金を海外からこっそりと持ち込み、関税で支払うべき消費税を逃れたうえで売却し、税額分の利ザヤを得るというものです。 全国の税関が201 …

消費増税にらむ大手ビール各社

10月に迫った消費増税後の節約志向をにらみ、ビール大手各社の間で安価な第3のビールを巡る競争が激しさを増しています。ただ長期的には、酒税一本化で増税となる第3のビールの競争力は落ちます。真の勝者を決めるのは、減税となるビ …

今月の税務トピックス① 税理士法人右山事務所 所長 宮森俊樹

不動産賃貸に関する31年経過措置の特例の活用はじめに 「消費税法の一部改正に伴う(平成28年改正法3)」の規定による複数税率による改正後の消費税は、平成31年10月1日(以下「31年施行日」といいます。)から施行されます …

(前編)国税庁:2017事務年度の無申告法人調査を公表!

 国税庁は、2017事務年度(2018年6月までの1年間)の無申告法人調査を公表しました。 それによりますと、2017事務年度において、事業を行っていると見込まれる無申告法人2,593件(前年対比1.1%減)の実地調査を …

Page 1 / 812»
  • メールでお問い合わせはこちら

税務情報

PAGETOP
Copyright © 鈴木税務会計事務所 All Rights Reserved.