決算申告、経営計画・資金計画、税務調査、経理・給与計算|確定申告、相続税、贈与税、譲渡所得税のことなら、東京都江戸川区南小岩の鈴木税務会計事務所へご相談ください。
税務情報
  • HOME »
  • 税務情報 »
  • 会計

会計

《コラム》老人ホーム入居一時金の贈与

◆夫婦間での生活費のやり取りと税金 贈与税の非課税規定において、「扶養義務者相互間において生活費又は教育費に充てるためにした贈与により取得した財産のうち通常必要と認められるものは非課税とする」と定められています。 夫婦間 …

《コラム》経営の羅針盤

経営環境は、日々、目まぐるしく変化しています。荒波の中で経営判断を行い、かじ取りする経営者に必要なもの、それは自身の羅針盤をもつことではないでしょうか。◆経営理念を鍛える 初めて社会に出て仕事に就いた時、失敗して自身の至 …

《コラム》新型コロナウイルス感染症 中小事業者への支援策

◆中小企業・小規模事業者対策として 新型コロナウイルスは中華人民共和国での感染が拡大し、中国国内の生産活動の停滞や機械部品等の輸入による製造業者へのサプライチェーンに悪影響を及ぼしています。日本国内でもイベントの自粛など …

《コラム》中小企業関連の補正予算案を閣議決定

令和元年12月に令和元年度の補正予算案が閣議決定されました。中小企業庁より地域・中小企業・小規模事業者関連の予算案が公表されました。中小企業が抱える「経営者の高齢化」「人手不足」と今後も慢性的に抱える課題を重視した取り組 …

《コラム》~ベンチャー出資で所得控除~2020年度の税制改正

◎株式取得額の25%を控除 企業の内部留保にあたる利益剰余金は、18年度に前年度比3.7%増の463兆1308億円となり、7年連続で過去最高を更新しました。 こうした背景を踏まえ、政府・与党は2020年度の税制改正大網に …

【時事解説】親子上場解消が相次ぐのはなぜか その2

最近の株式市場では、親子上場を解消する企業が増えています。親子上場とは親会社と子会社の両方が株式市場に上場している形態を指します。 解消する企業が増えた背景には、親子上場の弊害が挙げられます。実際、経営方針に関して親会社 …

【時事解説】親子上場解消が相次ぐのはなぜか その1

最近の株式市場では、親子上場を解消する企業が増えています。親子上場とは親会社と子会社の両方が株式市場に上場しているケースを指します。たとえば、親会社の富士電機と子会社の富士通などが該当します。 先日、東芝は東芝プラントシ …

【時事解説】中小企業の防災・減災に向けた支援 その2

では、中小企業の防災・減災に向けてどのような支援が行われているのでしょうか。以下で、2019年7月に創設された事業継続力強化計画認定制度についてみていきましょう。 大規模な自然災害が全国各地で相次いで発生し、中小企業の事 …

【時事解説】中小企業の防災・減災に向けた支援 その1

近年の自然災害の増加に伴い、中小企業においても防災・減災に向けて取り組むことが求められています。こうした状況を受け、中小企業庁編「中小企業白書2019年版」では中小企業における自然災害への備えについて取りまとめています。 …

《コラム》令和2年度税制改正大綱 個人所得課税(一般)編

◆個人課税は「人生100年時代」を意識 令和2年度の税制改正大綱が公表されました。個人課税は、人口減少・少子高齢化が進む中での「人生100年時代」に相応しい税制づくりを意識したものとなっています。◆低未利用地等を譲渡した …

Page 1 / 912»
  • メールでお問い合わせはこちら

税務情報

PAGETOP
Copyright © 鈴木税務会計事務所 All Rights Reserved.